HOMEスキーがもっと楽しくなる > トレーニング2

トレーニング2

完成したパラレルターンをさらに磨きあげるための練習方法をいくつか紹介する。

まずはプルークからパラレス・スタンスへ外スキーのエッジング角と迎え角を上手く合わせながら続けて滑ることで、基本を再確認する。

直滑降状態から山まわりのターンを行うための練習では、直滑降の時に一度反対の斜滑降姿勢を取ってから山まわりターンに入るのがポイントだ。中間ポジションで傾いて、自分よりもスキーを前に出すようにする。

また、ノーストックトレーニングを行うと外力を使った安定したターンが身につくようになる。

頭の上で両手を組んで、頭に当てたり上に伸ばしたりして滑ると舵取りを高い姿勢で行う場合の微妙なバランスのとり方の練習になる。逆にクローチング姿勢を取りながら続けてターンをしていけば、スキーをターン後半のかじ取りで走らせる感覚を覚えることが可能だ。

その他のトレーニング

斜滑降姿勢から横滑りに移る練習をするときは、まず絶対に谷側に膝を出してフラットにしてはいけない。斜滑降姿勢の軽くエッジングしてある状態から、谷側に身体全体を傾けてエッジングをやめて滑ればよい。

また、ターン後半の弧を小さくすることで後半の圧を高めることが出来る。

ターンの後半で舵取りの時、雪面をどこでとらえるかも重要で、自分で場所を決め意識するようにする。

ページTOPへ