HOMEスキーがもっと楽しくなる > 仕組みと指導

仕組みと指導

パラレルターンを覚えるためにはまず、左ターンのフォームから切り替えの動きを経て右ターンのフォームに変化するという正しいフォームを覚えることが必要だ。 次に、運動の要素を学習する。まず、パラレルのスタンスで滑れることが最初の条件だ。次に両脚を揃え、さらに、両脚を一体化させるとともに上半身と下半身を一つの物として正確なターン・フォームを作っていく。重力を使って大きく斜面に飛び込むようなスペースの使い方を覚えたら、自由な方向に行けるようなスキーコントロールを覚えていく。パラレルターンは、単純でぎこちないスタンスで滑っているとも言え、それが好きな方向に行けることでようやく有効なスキー技術になると言える。このコントロールがうまく出来ないうちは難しい状況ではパラレルが出来ない場合が多く、どんな状況でもパラレルが出来るようになることが目標だ。

パラレルターンの学習

ターンのフォームを記憶するということは筋肉の使い方を身につけていると言ってもいい。外からの抵抗が大きいスキーの場合、筋肉が力を入れている状態がターンフォームを覚えるために役に立つ。 これをうまく使ったのが、プルークのスタンスからパラレルのスタンスへと変化させていく方法だ。 また、直滑降のリラックスした状態を基本としてパラレルのスタンスを覚える方法もある。

ページTOPへ